So-net無料ブログ作成
検索選択
 温泉 ブログトップ
前の5件 | -

今年のGW ~4/29 鹿教湯温泉への道~ [ 温泉]

GW前半、妹が遊びに来てくれました
せっかくなので、どこかへ行こうかな、と打診してみると、
長野に行きたい」ということだったので、長野行きを決定
今回は鹿教湯温泉に泊まることにしました。
道中はというと・・・渋峠の山越えルートが開通とのニュースを見て、
雪の回廊を見てみたいということで、山越えルートを決定。
この道、何度通ったことやらでも好きなのです、志賀高原
肝心の雪の回廊は、というと・・・子どもの世話に追われ写真なし
しかし、例年よりかなり雪が少ないとはいえ、まだまだ残っていましたし、
前日までの寒波のおかげか、スキーをしている人々もたくさんいました。
国道最高点の渋峠にある、渋峠ホテル前にて停車雪だるまを作りました。
前日降った雪のためか、パウダースノーでさらさらでも、何とか完成しました。
          
その後、妹の希望により善光寺へ。
善光寺はお正月以来二度目なのでここも写真なし善光寺へ行く参照)
その後、鹿教湯温泉に到着したのでした。
この日の泊まりは鹿教湯温泉ニューかどやさん。
アットホームな温かい宿でした。そしてお湯がぬるめなのに後からポカポカ。
暑くて汗が出てくるほどちょっと驚きでした。
そしてまたまた写真はなし翌日、発散するかのように怒涛の写真となりました。
こうして、鹿教湯温泉で癒された翌日は・・・次回。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

帰省後、温泉三昧 [ 温泉]

4/3、自宅に戻りました。この時、私の両親がついでに遊びに来ました。
帰省中、毎日のように何だか出かけていて疲れている私、
帰ってすぐ、食事の用意をして・・・はさすがに疲れる
というわけで、この日の夜は日帰り温泉行きでした。
この日は、京ヶ島温泉湯都里へ。
ここで、食事して温泉入って少し癒されて
で、翌日、間違えて娘の保育所へと行ってしまったのでした娘の入所と息子の入学

そして、4/6,7は四万温泉へ。
県内では、以前に、草津温泉伊香保温泉へ連れて行っているので、今回は四万。
残すは、水上温泉・・・といったところでしょうか。
私たちは先にチェックインしており、だんなさまは仕事終了後夕食より合流。
宿泊先は、”四万たむら
お部屋は、古いほうのお部屋にしたので、正直余り期待していなかったのですが、
部屋が二つに分かれていて、親と私たちと別々にお布団を引いていただけました
部屋もきれいでしたし、お食事も美味しくいただけて、温泉は入り三昧。
久しぶりにのんびりした気分でした。
温泉に入るのに忙しくて写真チェックアウト時の記念写真のみ。
       
すっかりお世話になりました。ありがとうございました

この後、そのまま帰るのももったいないので、少し近くを散策。
で少し回って、奥四万湖へ。ダム湖なのですが、キレイでした


この後、再び四万へ戻り小松屋で食事をして、日帰りで積善館へ。
(小松屋さんには児玉清さんの色紙が沢山ありました。常連さんなんですね。)
そして、帰宅した後、私はオーケストラの練習に出かけ、一日が終わりました。


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

戸倉上山田温泉への旅 [ 温泉]

今回のお出かけで一番の目的は、戸倉上山田温泉でした。

宿泊地は、ホテル亀屋本店だったのですが、
さすがに年始早々とあり、一ヶ月以上前に予約完了
かなりリーズナブルだったので、どうなんだろう・・・と思っていたのですが、
親を連れて行っても全然大丈夫で、過ごしやすい宿でした
で、なぜ、私にぴったりだったかと言いますと今日の行き先…善光寺)、

宴会

小宴会場
       

大浴場
乙姫の湯脱衣所壁画

籠宮の湯脱衣所壁画

1F カフェ&バー
     

というわけだったんです。
これに驚いた私怪しい人になりきって、写真を撮ってきました

今回、だんなさまにすっかり運転をお任せして、悠々自適の私
車内から、山の写真を撮ってみました。

浅間山


長野側からみると、いつもの浅間山とはちょっと違うんですよね・・・

アルプス?

行きは、佐久平PAにて昼食をとったのですが、まずジャンボエレベーターにびっくり
下りに写真を撮ってみましたが・・・
ちょっぴり冷や冷や
上からの眺めはこんな感じ

あっという間に、2日間の旅は終わりました。


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

11/18,19 再び志賀高原へ [ 温泉]

いつもは、土曜日の夜はオーケストラの練習のため、
土日で泊まりに出かける事はまずない我が家
ですが、この週は日曜日の昼からの練習いうわけで、
急遽、出かけることにしました
第一の目的は・・・もちろん温泉そして未踏地の制覇
なのですが、急に決めたため、宿が空いていて、
この時期オフシーズンに当たるらしい志賀高原に再び行きました
(志賀高原=スキーなのですよね、学習しました
今回の宿は、ホントに直前に探した結果
熊の湯ほたる温泉一望閣に決定
前回(志賀高原を越えて)は、山越えルートを選びましたが、
今回は上信越高速ルートを選択
これが正解でした山越えルートは・・・11/17から閉鎖となったようでした
我が家は、てっきり晩秋の紅葉でも見られるのかと思って出かけたのですが、
着いた先は・・・雪でした。
到着日の11/18、熊の湯スキー場はOPENだったそうです。

宿からの風景
 
この風景と、OPENしたてのスキー場で早速滑っている方々を見て、
かなり羨ましいと思いましたが、
残念ながら、翌日13:00に練習場に着かなければならない我が家
翌日の雪だるま作りを決行することで、今回は我慢することに
(ん温泉がメインなんだから、いいんですよね・・・

さて、温泉というと、露天があるということでここに決めたのですが、
露天、と言うよりは、駐車場横にある掘っ立て小屋風情
この寒い中履物換えて、てくてく歩いていくのねしかも、貸切ではないしセキュリティ
などなど、どきどきしつつ入りに行きました。
やはり、小屋の中に閉じ込められた感じでしたが・・・湯の花がスゴイ
湯船につかるだけのお風呂でしたが、底に層が出来てるし、源泉は湧き出てるし・・・
泉質には自慢ありというだけの、いいお湯でぽかぽか気分
食事の後、大浴場に出かけ、再び湯の花を楽しんでのんびり過ごしたのでした。

翌日、いよいよ雪だるま作り決行です
スキー場はこんな感じ

  
             
真ん中のコースだけ開いてたようですね。楽しそうに滑っていらっしゃいました。
   空は・・・雪雲

さて、我が家はホテル出発 ホテルを出たところで・・・
 
前方は雪山、ホテル横は雪だらけ
我が家は、スキー場へと向かいます。
   川を渡って
    熊にも注意して
スキー場到着いよいよ、雪だるま作り開始
というところで・・・実は、雪支度を何もしていかなかった我が家
あまりの冷たさと、風邪ひきの娘のため、作業は男二人で行われました
           
雪を固めていますが、なかなか固まらないらしい・・・パウダースノーなのですね。
 固まりを見つけて 
ちょっと形が出来つつあるところで、私と娘はギブアップ、寒すぎる 
近くの建物へと避難し、そこから完成を待つことにしました。
中から二人の様子を見つめる
 父を見て頑張る息子
顔作りにかかっているのか
 どうやらそのよう
出来たみたい
さて、顔はどうするのか・・・なんか探してる
            見つかったようです、完成
            
さて、無事雪だるまが完成したので帰ることにしました。
山越えは無理なので、再び上信越道にて
帰る途中に、偶然サルを目撃しました
平床大噴泉にも少しだけ寄ってみました。

この勢い、すごい

上信越の行き帰りに買ったお土産は・・・
    
大急ぎでしたが、楽しい週末でした。


nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

湯田中温泉へ行く [ 温泉]

10/8,9で、初長野泊まりを計画
まず、近場から・・・ということで湯田中温泉へ行ってきました
湯田中温泉しか知らなかったのですが、
正確には湯田中渋温泉郷の中の一つなのですね。
宿探しをするにあたって初めて知りました
今のシーズン、志賀高原の紅葉が見ごろと聞いて、
上信越の高速ルートではなく、草津からの山越えルートを選んだのですが・・・

山を越えると、そこは嵐だった

という訳ですごい霧と雨、渋峠付近の気温は2℃で、雪があちこちに積もってました
家を出るときは半袖がちょうどいい気候だったので、ビックリ
ノーマルタイヤなんだけどとドキドキ・・・夜じゃなくて良かったです
志賀高原の紅葉どころか、前後5mの道以外は何も見えないまま、
湯田中温泉入り、となりました。

当日の宿は、ホテル星川館(厳密には星川温泉ですね
温泉は本当は熱いようですが、宿泊の方々で入れる温度に調節していたようです。
食べきれないほどの食事と、柔らかいお湯に浸ってきました。
2人の子供連れのせいか、角の離れ部屋を用意していただき、
お陰様で子供が騒ごうが障子が多少破れようが気兼ねなく過ごせました。

2日目、天気は見事に回復しました
まず、地獄谷野猿公苑へと出かけることにしました
駐車場に車を止めて、しばらく川沿いを歩きます。


この川、横湯川というのですが、川のあちこちで横からお湯が湧き出していて・・・
水温はきっと温かいのだろうなと思っていたら、すごいものが目の前に見えました
地獄谷噴泉
     

上から見るとこんな感じ
   


こういうものでした。ずっと吹き上げていて、すごいエネルギーでした。
ちなみにこの横に一軒宿「後楽館」があり、年配のおじさまが噴泉を見ながら、
優雅に露天風呂に入っておられました。

その後もしばらく川沿いに歩きます。
     
この民家の屋根には
         
猿がいました。いよいよ、野猿公苑が近づいてきたようです。

野猿公苑に入ってみると、猿がうじゃうじゃいました
「サルいすぎー」、と息子は言いました。
 

温泉に入っている猿を見つけました
        
(ちなみに、手前の猿はまだ入っていません)

最初は、1匹だけ入っていました。
 
もう一匹入ってきて、毛づくろいを始めました。
           
毛づくろいのお返しが始まりました。
 
その側で、温泉を飲む猿もいました。
              

こうして猿を見た後は、長野電鉄湯田中駅にある湯田中駅前温泉楓の湯へ。
シンプルな温泉でした。が、内湯は熱かった露天は入れました
子供達の興味はというと、これです
 
                  (温泉の休憩所より撮影
初めて見た長野電鉄にワクワクの子供たちでした。
帰りがけ、これに乗って信州中野駅まで行ってから(しかも特急)、
家へと向かうことになります。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -  温泉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。