So-net無料ブログ作成
 ~カブトムシ~ ブログトップ

カブちゃん、事故に遭う [ ~カブトムシ~]

事件は9/17夕方に起こりました
9/11~16まで、家を留守にするので近所の友達の家にカブちゃんを預けました。
涼しくなってきていたこの頃、もういつ死んでしまうかわからなかったのですが、
食べ物がないばかりに、帰ってきて死んでいたらかわいそう
と思ったので、エサだけは与えておいてもらおう、と思ったのです。
9/10、18:00頃カブちゃんを預けに行きました。
そして、9/17にカブちゃんを引き取りがてら、子供達と遊びに出かけました。
子供達も、同じ年頃の友達と遊べるということでおおはしゃぎ
幸いなことに、カブちゃんもまだ元気でいてくれました
ところが、友達の家からの帰り道、事態は急変しました。
「ぼくが持って帰る」という息子の言葉に安易に任せたのが失敗でした。
重たそうだったので、「一緒に持とうか?」と言ったのですが、
「大丈夫ぼく、頑張る」と言うので、ついやらせてしまったのでした。
「ゴロゴロ、ドン」という大きな音が息子の手の中のケースからしました。
思わず、(あっ、ヤバイかも)と息子からケースを渡してもらいました。
夕方になり、カブちゃんは土の中から姿を見せていました。
そして、そのカブちゃんにケースに入れてあった木が激突してしまいました。
カブちゃんは、ケースの中で仰向けになっています・・・
起こしてみましたが、どうやら足を怪我しています。動こうとするとまたひっくり返ります。
私の中で、血がサーッとひいて行きました
これは・・・助からないかも・・・
「もしかしたら、カブちゃん、怪我して死んじゃうかも。」と息子に言ってみました。
「嫌だー」と怒った息子の顔は泣きそうになっています
家に帰って、もう一度カブちゃんを救出しようと何度も起こしてみましたが、
どうしても、仰向けになってしまいます。
その上、どうも動きがおかしい・・・お腹も打ったらしく苦しそうにもがいています。
そして・・・そのまま天に召されていきました。
救いだったのは、「やっぱり、カブちゃん死んじゃったみたい
と息子に伝えたところ、
「じゃあ、埋めてあげないといけないね。」と、元気に言ってくれたことでした。
無理しているわけではなく、自然とそう思ったようでした。
こうして、我が家の夏の一つが終わっていきました。


随分久しぶりに更新します。
9/5 息子の遠足  9/9 娘の運動会 
9/10 息子の保育所の保護者会のソフトボール大会&打ち上げ
9/11~15 私の実家へ帰省  9/15,16 名古屋で遊ぶ
9/17,18 だんなさま休日出勤(これが堪えるのですけど
9/19~ 休みの間の仕事を取り返すため、仕事が続く
9/22 ダウン 1日寝込む(だんなさまの代休日で気が緩んだかも
9/23 ぐんま昆虫の森へ
9/24 オーケストラの強化(?)練習
9/26 息子の保育所にて、先生と保護者会役員の運動会打ち合わせ

などと、日常に追われ、その間にへばってました。
9/22の休養が効いた様でその後元気になりました。
9月の様々な行事などについて、追っかけアップしたいです。
(と何度書いていることやら


カブちゃん、元気です! [ ~カブトムシ~]

この夏、我が家を賑やかにしてくれたのは”カブちゃん”でした。(生と死と・・・
彼女なりに学習したらしく、お腹が空くと昆虫箱の壁をガリガリします。
(私・・・あの音苦手・・・
結局お世話はほぼ私のもの、となってしまいましたが、
子供達もそれなりに楽しんでいます
「ゼリーがもうないね。」という話をすると、
「ぼくがやるー」「わたしがやるー」とケンカ沙汰に
涼しくなってきた今日この頃、随分やはりおとなしくなってしまいましたが、
暑い盛りには、とってもやんちゃな所を見せてくれてました。
それは・・・「ゼリー転がし
入れたばかりのゼリーをひっくり返そうと、ホントに躍起になって頑張ってました

フラッシュがまぶしいのでフラッシュを止めてみました。

 うーん、やっぱりボケる

この夏、家族がちょっと増えた感じの我が家でした。


生と死と・・・ [ ~カブトムシ~]

タイトルほど難しいことではありません
以前記事にした、カブトムシとコクワガタ?の続報です。(カブトムシをもらってきました・・・
コクワガタらしきものは、図鑑で調べた結果、どうやらコクワガタらしいということで、
しばらく、お世話をしていました元気にゼリーをパクついて遊びまわっていたのですが、
7月に入ったある日、朝出かけようとすると・・・
昆虫箱の底でひっくり返ってジタバタしている、これはヤバイかも
息子が、「どうしたの?」と心配そうに聞くので、
「落ちちゃったみたいだね、後で助けておくね。」と言って、
とりあえず保育所へ連れて行きました
その後、割り箸につかまらせてすくい上げ、木に登らせてもう大丈夫
かと思ったのですが、その後、しばらくするとまた落ちている
ああ、もうダメなのかもと言う予測どおり、息子達が帰る前に動かなくなってしまいました
その後、だんなさまと息子でマンションの下にある公園に埋めに行きました。
娘も行きたがっていましたが、熱があったので強引に引き止めました
ホントに・・・熱なんてへっちゃらの娘です。

さて、カブトムシは、と言うと・・・神戸に行くのにバタバタしていた7/16(演奏三昧!?
万一に備えてゼリー入れて出かけるほうがいいかなー、と覗いてみると・・・動いてる
そうなんです、この日に成虫となって地上に出てきましたメスです。
     
息子が「名前付けようよー」と言うので、「何にする?」と聞いたら、
「うーん・・・カーちゃんかあちゃん」とか言って、1人で大ウケ。
私もさすがに、私のことみたいだなぁ、と思っていたら、
「じゃあ・・・カブちゃん
と言うわけで命名されました。カブちゃんです
この子は、ほとんどほっておかれたせいか、きちんと野生の本能を維持しています
夜、寝る頃から、ガサッ、ゴソッ、と音がし始め・・・
夜中になるとバタバタバタッ、ガタガタガタッ、と元気に活動しています。
どうやら、狭い昆虫箱の中でも、一生懸命遊んでいるらしい
この夏、賑やかな夜が続いています。


カブトムシをもらってきました・・・ [ ~カブトムシ~]

虫の嫌いな方、ここでさよならしてください
って、そんなにリアルな写真ではありませんが
昨日、息子の保育所でカブトムシの幼虫を頂いてきました
息子もいつの間にやら年長なので、今年で3回目です
1年目は、2匹もらって1匹だけちょっと角が欠けてる成虫になりました。
最初の年で、家族でワクワクして虫箱を触りまくって刺激を与えてしまったせいか、
もう1匹は成虫になることが出来ませんでした
2年目は、気をつけていたら、すごーく気の強そうなメスが最初に成虫になりました
もう1匹は、後からオスになりかけたのですが
メスに邪魔されたのか、もともと弱いやつだったのか、
孵化に失敗しかわいそうな姿をさらけ出していました
そして、今年3年目なのですが、今年は幼虫が少ないと言うことで、1匹のみ。
無事、元気に出てきておくれと思って、今日虫箱をチラッとのぞいたら・・・
あら、土の上に出てきてる
ダメじゃない、ちゃんと入っておかないと乾いちゃうでしょ
と思って、霧吹きで水をかけつつも、そうだ、写真写真と携帯で撮影してみることに。
(さすがに、デジカメでリアルに撮るのは私もためらわれました
幼虫が得意なわけではないですし) 
しかし、携帯で撮影するのはなかなか難しい
フラッシュたいてみたり、PCモードにしたり、色々しているうちに・・・
ヤバイ、と思ったらしく、ちゃんと土の中へ入って行きました。
ので、ちらり、としか見えない幼虫くんです
      
そして・・・毎年なのですが、家の前にクワガタが飛んでくるのです。
昨年は元気なクワガタくんで、カブトムシを見事やっつけてくれました
クワガタくん、ちょっと発情期だったのかもしれなくて・・・でも、カブトムシとクワガタ
やっぱりちょっとマズイよね、この展開。
で、今年も、昨夜だんなさまがコクワガタのメス?見たいな虫をgetして来ました。
      
これもあまり見えませんねー
違う虫かもしれないけど、とりあえずカブトムシゼリーをパクついていたので、
しばらく様子を見ることにします。


 ~カブトムシ~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。